OEM

縫製準備工程 ①放反
入荷した生地を放反機にかけます。

POINT
弊社では加湿放反機により生地の寸法安定をさせることで、
精度の高い裁断を可能にしています。

②延反
生地を重ねることで裁断の準備に取り掛かります。
柄物に関しては一枚裁断を行います。
③型入れ
裁断するための型取りをします。
④裁断
生地を裁断してパーツに分けます。
⑤芯接着
裁断物に芯を接着します。

POINT
弊社オリジナルの特注芯接着機により、芯の永久接着を行うことで、
繰り返しの洗濯をしても綺麗な状態を保ち続けることができます。

⑥加工
裁断物に刺繍加工やプリント加工などをします。
⑦バンドリング
縫製に入るために裁断物をまとめます。
縫製工程 ⑧パーツ縫製
台衿などのパーツを先に縫製します。
⑨組立縫製
パーツを縫い合わせて製品にします。
⑩加工
製品の状態で、製品染めや製品洗いなどをします。
仕上げ工程 ⑪仕上げ
糸くずを取り除き、プレスをかけることで製品を仕上げます。
⑫検品・検針
製品の外観、寸法確認をし、下札をつけます。
製品にミシンの折れ針等の混入を金属探知機で確認し、出荷準備をします。
⑬出荷
完成品を出荷します。

PAGE TOP