BLOG

繊維についてvol.8~合成繊維~

2015-02-18 カテゴリー:繊維について

LINEで送る
Pocket

中半産業では、繁忙期の真っただ中で

秋田工場も日々の生産に励んでいます。

また、最近では、大雪の影響で、出退勤するのにも一苦労する一方で

日ごとの生産枚数が昨年比で増えてきているなどの嬉しいニュースもあります。

 

 

さて、今回から合成繊維についてまとめていきます。

 

合成繊維とは、石油を主原料として、小さな単量体を繰り返し結合して

長い高分子とし、それを紡糸して繊維状にしたものです。

繊維として利用できるのは、細長く引っ張って伸びることや、

糸が柔らかく、強い等の性能が必要になります。

 

化学繊維というだけあって、少し難解なような気もしますが、

その一般的な特徴としては、

丈夫で強度があり、薬品やカビ、虫害に強い特長を持つ一方で、

吸湿性が低く、静電気や、ピリングが発生しやすいなどの性質もあります。

 

 

合成繊維中で、ポリエステル、ナイロン、アクリルは3大合繊と呼ばれ

全体の約80%以上を占めています。

 

 

きっと耳に馴染みのある繊維だとは思いますが、

次回から、その中身を一つずつまとめていきたいと思います。

 

PAGE TOP