BLOG

繊維についてvol.1~基本編~

2014-12-22 カテゴリー:繊維について

LINEで送る
Pocket

2014年も残すところ僅かとなり、中半産業でも、忙しない日々が続いています。
忘年会も多いシーズンですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
中半産業では、繁忙期に入り、来春店頭に並ぶOEM製品の製造に勤しんでおります。

 

さて、このブログという場で、中半産業の立ち位置から、
様々な情報を発信していきたいと思います。

 

今回は、繊維の基本についてです。

私たちが普段、着ている洋服には品質の表示や、選択の仕方、
販売元が記載されているラベルが必ず付いています。
品質絵表示

品質ネーム、証紙、また、その付けられる位置から脇ネームとも呼ばれますが、
品質の項目に書かれている繊維について、注目してみましょう。

 

衣服に使用される繊維には大きく分けて、天然繊維と化学繊維の2種類があります。

 

天然繊維には、植物繊維と動物繊維があり、
植物繊維は綿と麻、動物繊維は毛と絹に分かれます。

 

また、化学繊維は、再生繊維、合成繊維、半合成繊維に分かれます。
(ガラス繊維や金属繊維等の無機繊維もありますが、一般的ではないので割愛します。)

 

各繊維の詳細については、後日、また取り上げたいと思います。

 

各繊維にはそれぞれ特徴があり、それぞれの良し悪しがあります。
今着ている洋服にも、品質が表示されているラベルが付いていますので、
自分の着ている服の素材を一度、確認してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP